いんりんの、メインブログ。

現在、もうひとつブログを運用。
若干中身の異なる記事の同時更新の楽しみを実感中。

2010年07月10日

雨と聞いて浮かぶこと

雨。

この時期のじめじめした雨は、浮かばせたくもないが、
梅雨が開けたあとの雨は、
音色を聴いて和むことが多い。

ぴちゃっ
ばしゃばしゃ
さぁぁーー
ぽと、ぽとぽと

みたいな。

ぽとぽと

表すことが難しいが、
屋根を伝った雨が排水溝に落ちる音。

山形の家は、屋根を伝った雨は、
外の水道の水ため?におちてくる。
その音が、とにかくも記憶に残ってる。

子供の頃、濡れながら観察しさてたのは
今でも覚えてる。
水の流れ、音が印象的だったからなァ。

雨音に癒されながら、
のんびり過ごしたい☆
posted by いんりん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ココロミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

6月を文字で表してみる

6月を文字で色々と表現してみようという、ココロミ。

タイポグラフィー、になるのかな。
厳密な解釈は違うけど、文字のデザイン。
文字の体裁を整えること。

typo01.jpg

キーカラーを決めて、ぺたぺた。
共通項を決めておいて。

typo02.jpg

メッセージを埋め込んで、みた。
6月と聞いて浮かんだことを、手書きで、ちょちょいと。

typo03.jpg

雨、湿気、新緑、青
と浮かんだことを、iPhoneでちょちょいとなぞなぞ。
ガラスの中から外を眺めてる感じ。

あまり時間のない中でしてみた、ココロミ。
いい具合に頭がぐーるぐるした☆
posted by いんりん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ココロミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

公衆電話

使わなくなって、もう何年経つのだろう。
緑、グレーのそれ、赤電話もよく使ってた。

10円、100円、もしくはカードを入れ、
残り時間を気にしながら話したものだ。

携帯電話を持つのが遅かった事もあり、
高校に入ってからも使う事が多かった。
テレホンカードは、常に105度数を2種類忍ばせていた。

旅行先で、寂しくなって電話して
一気にカードを使い切ったのは何とも懐かしい話よのう( ´
▽ ` )

そんな公衆電話も、携帯電話の普及により数は次々と現象

…したかと思ったが、なんだかんだでまだまだ数はある。
特に地方では、減少するといったことはあまりないようだ。
どこかしらで、おじーちゃんばーちゃんが小銭を片手に電話をしてるのを
見かける。
祖母が、家以外から電話をかけてくる時は、たいがい公衆電話。
十中八九は当たってるだろうなぁ( ´ ▽ ` )

東京でもまだまだ見かける。
昔コレクトコールをかけた電話、彼女と連絡をとった電話もまだ健在。
思い出がレイヤーとしてふっと上に乗る。
重くはなく、軽やかな足取りでひょいと腰掛けてきた。

ふっと笑顔に( ´ ▽ ` )

あそこから、今度電話かけてみよう。
驚かれるかもしれないけど、その先は、笑顔が待ってる。
posted by いんりん at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ココロミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

夜に電気もつけず、携帯も触らず、パソコンもつけず1時間過ごしたらどんな気持ちになるか?

先日から某友人と始めてるちょっとした遊び、というか取り組み。

お互いに同じテーマを持ち、それについて意識して注目してみる。
そして、その中から発見してみよう! というもの。

夜に電気もつけず、携帯も触らず、
パソコンもつけず1時間過ごしたらどんな気持ちになるか?


これは、何回か経験がある。
毎日、パソコンや携帯電話に触れる生活。
仕事、プライベート共に欠かせない道具になっている。
しかし、全ての生活リズムの中にまで入り込む必要はないだろう、と
常々思っていた。

あるとき、やることを済ませ、パソコンの電源をOFF、
長期外出のとき以外切らない外付けハードディスクもOFF、
携帯電話も完全にOFF、
そして、部屋も消灯。

目は瞑ったり、開けたままだったり。
そうすると、、

電車がすぐ近くを通っているから数分だけだが、
田舎と同じような、静寂に全身が包み込まれ、
まるで田舎にいるような気持ちになったのだ。
のんびり、ふわり、ゆるり。
どこか思考にゆとりが出て、考えすぎてたことも楽観的になるか、
別の方向性から考えられるようになったり。

力も、どこにも入ることがなく。
ゆっくり時は過ぎていった。

色々な思い出が、走馬灯のように蘇り、
レイヤーとなって重なっていく。
次々と、瞳と心の上にオーバーレイされていった。
そうなった時、通常時なら感情の変化が激しかっただろうが、
この時はそうでもなく、落ち着きを保てていた。

常に、安定し、ふわーりとした心地よさで
1時間近く、あっという間に過ぎていった。



こんなこと、パソコンを持ってからは、
おそらく数回しか経験がないこと。
今すると、どうなるのだろうか。
時間のあるときに、久々に試してみるのも、良いかもしれない。
posted by いんりん at 23:30| Comment(1) | TrackBack(0) | ココロミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。