いんりんの、メインブログ。

現在、もうひとつブログを運用。
若干中身の異なる記事の同時更新の楽しみを実感中。

2013年10月30日

300キロちょい乗ってみての印象

先週末に納車された、K1200RS。
先週の土日で300キロちょい、
練習がてらツーリングしてきた。
一般道、峠道、高速道路、砂利道…
この位走ると、長所短所がそれなりに見えてくるものだ。


◆良いところ
・ルックス、塗装。
これに一番惹かれたので、言うまでもない(。-∀-)

・車体の剛性の高さ
高速道路を走ってる時に特に実感した。
段差を乗り越える時や、急なレーンチェンジの時も、
車体が寄れることなくすっと向きを変えていってくれる。
R100RS、F650CSもなかなかだったが、それ以上だ。

・エンジン
これについては、改めて記事を書こうかな◎

・強力なブレーキ
BMWのバイクは、標準でブレンボのキャリパーが装備され、それなりの速度から一気に減速できるが、
期待を裏切ることはなかった◎
サーボシステムが付いてない前期型を選んだので(試乗したモデルには装着)、
どれくらいの効きの差があるか心配だったが、実際はまーったく問題なし◎
そして、前傾することなく車体が静止。これはさすがに驚きだ。

・パニアケース
実用性はもちろん、ルックスの一部となりえる、パニアケース。
細かな使い勝手が少し気になるが、満足。


◆気になったところ
・車体の重量
重い!!!!!!!><
さすがに装備重量290kgは、大変でござる◎
これまでは、ちょちょっと押せた坂道も、相棒だと
よいしょっっ・・・・といかないと難しいし、
メインスタンドも、最初はパニアを外さないとかけられなかった。
ディーラーの方曰く、【慣れ+筋肉】だそうなw
だが、走り出すとこの重量感がほとんどなくなるどころか、
安定感に変わるから、面白いものだ。

・燃費
カタログ値通りの燃費は出ないだろうな・・・と思っていた。
予想通り。リッター14.5km。
ま、ワインディングを2速ホールドでリミッター近くまで回転を上げていたり、
下記に書くカウルのテストで高速をかっとばしたりしたので、
妥当なのかもしれないが、もう少し伸びてほしいな。

・カウル&スクリーン
良い所でもあるが…
ある程度の速度を出さないと、本領を発揮しないかも?!
特に下の位置だと◎


何はともあれ、
もっと乗らないとななな〜*\(^o^)/*

image-20131103120021.png
posted by いんりん at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。