いんりんの、メインブログ。

現在、もうひとつブログを運用。
若干中身の異なる記事の同時更新の楽しみを実感中。

2009年01月17日

真赤な猛牛

真赤なスポーツカーといえば、フェラーリを思い浮かべる人は多いだろう。
跳ね馬とも呼ばれており、
その情熱的なエンジンサウンドは聞いていてしびれるものがある。

だが、
それ以上においらが魅力を感じるクルマがある。

Corvette C6

Corvette(コルベット)

数あるアメリカンマッスルカーの中でも一番のスポーツ性能を持っていることで有名。
最新モデルになり走行性能も洗練されてはきたが、
アクセルをふかし一気にクラッチを繋ぐとホイールスピンを
始めるところは、以前のモデルと何ら変わってはいない。

過去に何回か運転したことがあるが、
その暴力的な性能をコントロールするのは大変だった。
100km6速から一気にシフトダウンして、加速した時には、
シートに体がぐぐぐっと押し込まれる。
6000ccV8。ダイレクトな加速はターボエンジンの比ではない。

街中では以前のモデル(C5)を見ることが多く、最新モデル(C6)を見るのは久しぶりかも。
思わず、パシャーリ☆

ロングノーズショートデッキ、FR。

これぞ、スポーツカーだね\(^o^)/
四駆の方がトラクションや走行性能は勝るのだろうが、
「扱うことの楽しさ」を考えると、FRの方がいいなぁー☆

いつか、絶対手に入れたいですな☆
Porsche 911 993 Carrera4とCorvette C6 Z06の2台あったら、
それこそパラダイス(^ω^)
毎日が、スペシャルぅ♪
posted by いんりん at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク・クルマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。